使いにくい物入れが、狙ったように〇□△にぴったり

ここでは、「使いにくい物入れが、狙ったように〇□△にぴったり」 に関する記事を紹介しています。
先日のトイレ工事のお客様宅で、もう一か所プチリフォームがありました。

下の間取りのキッチンですが、右下の物入れの奥行きが深く
使いにくいとうことで、奥様が思いつかれたアイデアが、
IM06
 


物入れの扉をはずし、冷蔵庫をそこに入れるというものでした。
物入れは天袋がついていたので、その部分の底板と中段を撤去すれば、
サイズ的には置けるので、あとは必要な工事をしてほしいとのこと。

ご相談を頂いたときに、寸法は大丈夫とのことでしたので、
念のため、床をめくり、必要なら根太の追加をしたり、
床板を貼り直すということで、お見積もりさせていただきました。

扉の撤去跡は、新しい枠を取り付けたり、また、中のベニヤの表面に
クロス仕上げをすることも可能なのですが、今回は、冷蔵庫で隠れるので
最低限の補修で、ということに。

では、ビフォーです。
IM01


扉を取り、天袋、中段を撤去し、床のベニヤ板をめくると、
根太は一本だけありました。
IM03


押入れなどもそうですが、もともと、それほど重いものをいれることは
想定されていません。

そこで、今回は、根太を入れ…大引きと床の段差により、
根太の背が一般的な寸法より低くなるので、多めに入れました。
(念のため、中央に束(ツカ)…支えの角材も追加)
IM04

あとは、根太の上にコンパネを貼り、壁のベニヤの部分補修をし、
冷蔵庫をセッティング。
…たしかにすっぽりと、狙ったように納まっています(^^)
IM05

必要なら、上に棚をつけるスペースもありますね。
IM02

「ずっと、こうしたいなと思っていたの…」と奥様。
元の間取りを見てみると、冷蔵庫が物入れに入り、
物入れに置いていたものを逆に冷蔵庫があったスペースに
浅めの棚を置いて収納すれば、通路の凹凸がなくなり、
使い勝手がアップするのがわかります。

テーブル右下の位置の椅子の後ろにも余裕ができて、
今までは、冷蔵庫を開け閉めするのに、お互い不便だったのが解消♪と
奥様がお喜びでいらっしゃいました。

このような正方形のダイニングキッチンは家具のレイアウトが難しいことが
ありますが、アイデアで次第で雰囲気が変わるものですね。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ


IM06

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/869-a9f9ba0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック