知らなきゃ損!?

ここでは、「知らなきゃ損!?」 に関する記事を紹介しています。
またまたゴールデンウィーク中の話です。

庭のモッコウバラがあまりにも綺麗だったので、
バラ好きの母を誘うと、「どれどれ」と、
ひょっこり泊りがけで来てくれました。

そこで、「忙しいあんたたちにごちそうしてあげる」と、
持ってきたのが「片手タイプの圧力鍋」だったのです。



家に着くなり、
「あんたたち、二人暮らしやから、小さいの持ってきたわ。
 気に入ったら、この鍋あげる」

2リットル型というだけあって、小さな鍋でしたが、
私は圧力鍋と聞くと、ちょっと怖いイメージがありました。
外国で、圧力鍋のフタが飛んで、頭に当たった主婦が亡くなった、
というニュースを見た覚えがあったからです。

しかも、たいてい、ごついフタが付いてて、重たそうなイメージ。
私は、身長167cmで体格もいい割には、手首が弱く、洗面器に張った
お湯とかを持つのも、片手では、ちょっと重く感じることが
あるくらいです。

しかし、母に実演してもらって驚いたのは、その調理スピード。
「豆ごはん」を作ってあげる、と言うやいなや、
洗ったお米に、豆をのせ、水加減のあと、フタをしてガチッと回します。

(フタ自体がスクリューみたいになってるんやったら、
 フタを留めている部品が壊れて、フタが飛んでくることはなさそう…。)

そして、ガスコンロの中火へ。

じきにフタの中央のツマミがシュルシュルと言い出しました。

「もう、これで弱火にしていいねん。それで5分だけ測っとくの。」

レシピに忠実なタイプの私は、タイマーをセット。
弱火にして5分後に、コンロの火は切ってしまいます。

「蒸気が抜けないと、フタをはずそうとしても、とれへんから。」

と、得意そうに母。
私も、「最近の圧力鍋は進んでるのね~」と感心。

その間に、他のおかずを作り、さて、豆ご飯のほうは…と開けると、
「これ、もち米使ったん?」と、思わず聞いてしまったくらいの
炊き上がりでした。

お豆の甘みのしみたお米は、もちもちとおいしく、豆ももちろん
生からだったのに、ふっくらと炊けています。

これを目の当たりにすると、料理好きの夫も黙っていられません。
母に、使い方を説明してもらうや、いろいろなおかずにチャレンジ
し始めました。

「ご飯は5分弱火にかけるけど、スープとかなら1分で十分よ」
という母。

それからというもの、夫は、(なぜか私ではなく!?)
セロリやパセリなどちょっと筋っぽいけどよくダシの出る野菜を
中心にスープを作ったり、
ジャガイモをまるごとふかしたり、リンゴをジャムにしてみたりと、
鍋を使い倒していました。

とにかく、2L型なので、軽くて中も浅く、洗うのも苦になりません。
作っては洗い、またすぐ出来る、の繰り返しでした。

「もう、ウチ、炊飯器要らんな。こんなに早くできるんなら、
 ガス代も節約になるなあ」と夫。

本当に、知らないと損…なことってあるんだなあ、と思って
しまいました。
とくに、二人暮らしや一人暮らしの方にはおススメです。

ちなみに、私たちが今回もらったのは、ドウシシャというメーカーで

これ

のひとつ古い型のようです。

初めてなら、ガラスフタや目皿やタイマーまで付いてて安いし、

これくらいシンプル

なのがいいと思いますが、
二段階に圧力が変えられるとか、フタが二分割になってて洗える、
とか高機能のもあるようです。

こちらが ↓ 高機能のタイプみたいです。(他メーカー)

Vita Craft スーパー圧力鍋 2.5L 602
Vita Craft (ビタクラフト)
売り上げランキング: 5451


さて、次こそ、いつもは土鍋で作ってるプリンを試してみようと、
わくわくしている私です。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
圧力鍋、、、
今はずいぶん使いやすくなっているのですね、また 泊りがけで使い方を実践してもらうと良さがわかるから尚良かったのでは、、
ますます料理好きなご夫婦に、、、
2008/05/12(月) 11:08 | URL | コスモス酒井です #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/87-1911d7c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック