ユニットバスの換気扇を親子換気扇に取替

ここでは、「ユニットバスの換気扇を親子換気扇に取替」 に関する記事を紹介しています。
今週も、マンションリフォームのレポートです。

洗面所に換気扇がついていなかったため、ユニットバスの換気扇を撤去、
親子(二室用)換気扇に取り替え、洗面所の換気もユニットバスの換気扇で
行えるようにしました。

まずは、ユニットバスの元の換気扇をはずし、新しい親子換気扇のための
埋め込み穴を開け直します。(本体が少し大きくなるため)
緑の養生テープを貼っているところが、新しい開口位置です。
N2605

開口はジグソーで行います。
養生テープをユニットバス天井に貼ることで、ジグソー本体との接触で
擦り傷等がつかないようにします。

足元も、ユニットバスの天井材(鋼板+石こうボード)の切りくずで傷をつけたり、
もらい錆が生じないよう、養生をします。
N2607

このように、

開口をし直したら、
N2606

このような親子(二室用)換気扇をセットするのですが、
写真左側のダクトからの吸気と、本体下部からの吸気を右側のダクトへ
排気します。
N2604

この親子換気扇を天井にセットし、
N2609

洗面所にはグリル(吸い込み口)を取付ます。
N2608

あとは、それぞれの口にダクトを接続したら完了です。

今日は、他に、室内用物干しを取り付けるための下地作りをしました。

物干し取付位置の天井を開口し、
N2601

天井の野縁の組まれ方や、野縁を吊っている、吊木の位置を確認したら、
下地用のコンパネを留めるための桟を足し、
N2602

コンパネを貼ります。
N2603

室内用物干しは、天井にクロスを貼ってから取り付けるので、
完成写真はあらためてアップします(^^)

その他、先週末に現場に来て下さったお客様との打ち合わせにより、
電子レンジ用に念のために増設したコンセントの電気配線の
フタをしました。 電気工事の仕込みはこれで完了。
あとは、クロスを貼った後に、器具を取り付けていく仕上げ工事を待つばかりです。

明日は、建具やクロゼットドアが届くので、いよいよ大工工事スタート。
今日も工程表通りに作業は進み、現場は順調です♪


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/877-7be71333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック