ビフォーアフタ…そしてアフター

ここでは、「ビフォーアフタ…そしてアフター」 に関する記事を紹介しています。
先日、懐かしいお客様から工事のご依頼がありました。

団地の和室の天袋と押入れを、クロゼットスタイルにリフォームさせて頂いたのが、
なんと、13年前。 写真で振り返ってみると…

押入れの中段をカットして一部を服が吊るせるように造作。
…当時の夫の後姿…若い!(^^;) しかも、細い♪
そして、後頭部…やめておきましょう(^^)
AW01

そして、天袋は、このように、


AW02

AW03


クロゼットドアを取り付けるための柱を入れ、左側の天袋は
襖を取って、開き戸に変えました。
押入れ隣の入口も襖だったのを、明かり取りの窓がついたドアに取り替え。
AW04

当時は、「小梅ちゃん」という猫さんが、監督をしてくれていました。
小梅ちゃんは、ふだんはワンパクでも、リードをつけると"借りてきた猫"状態になるという
珍しい?猫ちゃんで、工事の時は、穏やかに見守ってくれていました。
AW06

そして、今回のリフォームは、クロスの貼り替えでした。
ドアやクロゼットはまるで当時の完成後の姿。
クロゼットドア横の白木が日に焼けていい感じになじんでいます。
AW08

貼り替えると、壁がぱっと明るくなりますね。
(写真は鴨居の上だけ貼り替えたところです)
AW11

今回は、小梅ちゃんの後を引き継ぎ?
「ざらめちゃん」が監督をしてくれています。
AW07

和室のクロスの他に、玄関の壁クロスと、踏込部分の
クッションフロアを貼り替えました。
店舗用のクッションフロアで、石畳のような柄が素敵です♪
AW09

床材を貼り終えた後は、マスキングをしてコーキングを施します。
AW10

あ…、コーキング仕上げ後の写真を撮るのを忘れました(^^;)

今回は、13年振りに同じ部屋の工事のリピート注文を頂いたわけですが、
夫は、「この部屋のクロス、俺が貼ったんやったっけ?」と忘れてしまっていたくらい
懐かしい現場でした。 アフターのアフターが見せてもらえて、感無量です(^^)
(後ほど、「やっぱ、貼り方よう見たら、俺が貼ってるわ、ここ(^^;)…」と夫。)

さて、こちらの現場、アフターのアフターのアフターを見せて頂けることを願って
今後ともどうぞよろしくお願いします。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ


関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/897-ad0e4983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック