ミッキーみたいな水栓に

ここでは、「ミッキーみたいな水栓に」 に関する記事を紹介しています。
去年の夏に、字が書きにくい、納豆のカラシの袋が開けられない
といった自覚症状から、"母指CM関節症"との診断を受けたという
話を書きました。
『字が下手になり、やたらコップを落とすその原因が…』ご参照

それ以降、包丁で大根を切るのにも手が痛いとか、
物をつかむときに痛いということで、ふと思いつき、
洗面化粧台の丸みのあるハンドル部分を、
握りやすい形のものに取り替えることを思いつきました。

そこで、夫の出番です。

ビフォーはこちら。
(あえて、掃除前の汚れたままの画像を…
 少々洗いにくい形状なのがわかって頂けますでしょうか)
JP02

この水、お湯のハンドルをエイッと取り、
(といっても、ビス留めですので、ちゃんと説明書を見ながら
 手順に従ってはずします…(^^))



JP03

クリームクレンザーや、使い込んで滑らかになった?
スチールたわしでこびりついた汚れを落とします。
(写真に写っている、軸のところの赤茶色に
 錆びた部分は綺麗になりませんでしたが(^^;))

そして、新しいハンドルを取り付けます。

JP01

なんか、ミッキーマウスの手みたいじゃないですか?
昔、同業の先輩がこの手の、取替用ハンドルを
「ミッキーみたい」って言ってたのを思い出しました。

この水栓は、シャワーホースとか切替ハンドルがついているので、
トータルな見栄えとしてはもうひとつかもしれませんが、私は大満足。
(レトロジャンクといいますか…なんだかヘンでおもしろい(^^;))
シンプルな形状の水栓だと、もっと仕上がりが素敵になるでしょうね。

もちろん、水栓の開け閉めがラクになりましたし、
使うたびに「ミッキー♪」と思いながら楽しんでいます。

ところで、私の「母指CM関節症」ですが、
実は、すごい改善がありました。

というのも、先日工事のご依頼をくださったお客様が、
カイロプラクティックの先生でいらしたのですね。
工事が終わり、保証書に記入をしているとき、なにげなく、
「私、指を痛めていて、字が書きにくいんです…」と
お話ししたところ、「どれどれ?」と、診て下さったのです。

その時は、お休みの日でいらっしゃいましたが、
その場でさっと肩や肘、手にかけての具合を
診て、施術して下さいました。

工事が終わり、その日は失礼した私たち。
帰宅後、いろいろな日常動作をするうちに、
私は「あら?」と、普段と違う感覚に気が付きました。

化粧台のボウルをスポンジで磨いても、手に傷みがない…
皿洗いでも、お風呂で湯桶を持っても、
「あれ?違和感がないぞ…」という違和感(^^;)を
感じたのです。

しかも、試しに字を書いてみると、これまたなんだか
書きやすいような…相変わらず字は汚いままですが…

それまで、"手術をしても患部が固定されるのでは?"とか、
"手首の腱を移植"とか、気の進まない治療法を目にしていたので、
今回のカイロプラクティックによる症状の改善は、
思いがけないプレゼントでした。

あれから、一か月ほど経ちますが、
これなら、引き続き診て頂けば、左手側も
改善するかも…と期待しています。

実は、そのカイロプラクティックの先生は、関東で長年
開業されており、今年ご実家のある当地へ戻られ、
あらためて開業なさるとのことでした。

…で、オープンの案内チラシが入っていたのがちょうど今日。
ぜひ、左手の方も診て頂こうと思います(^^)


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/920-e73fb1a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック