水切りかごはなくせない…

ここでは、「水切りかごはなくせない…」 に関する記事を紹介しています。
先日、システムキッチン入れ替えのお引き合いを頂きました。
下見に伺って、まっ先に気になったのが、こちらの部分。
MK01

写真では見えにくいのですが、
システムキッチンの天板と、その右にある腰壁の間に
天板と同じ高さの10cmほどのタイルの部分があり、
お客様は、両方にまたがるように洗いかごを
置いていらっしゃいますね。

そこで、まずは、


キッチンのプランのご提案として、
このタイル部分を撤去すること、
(マンションだと、配管が隠れていたりして、撤去できない場合も)
そして、新しいキッチンは、間口をその分伸ばし、
シンクの右側に30cmほど天板のスペースを
確保することにしました。

この場合、キッチンメーカーさんや、間口にもよりますが、
カタログに載っている"標準プラン"だと、シンクの横は
天板のスペースがゼロ~10cmくらいだったり、
20cm前後だったり、はたまた45cmあったりするのですね。

シンクをはさんで、調理スペースの反対側に何を置くかによって、
最適なスペースの幅が変わってくると思います。
縦置きの洗いかごを置くのなら30cmくらい、
炊飯器を置くなら45cmくらい、など寸法を想定し、
必要なら"シンクの位置移動"もオーダーします。

また、そのスペースに合わせて、天板の下を、
例えば、キャビネットにするのか、
食洗機をセットするのかなども検討します。
この場合、食洗機がシンクの右側か、左側かによっても
使い勝手が変わりますので、
十分な打合せが必要ですね。

リフォームの業者さんによっては、カタログの標準プランそのままの
見積りだったり、お客様をショールームにご案内して、あとは
ショールームのプランナーさんとお客様にお任せ、
といったケースもあるようです。

ショールームに行かれる場合は、
現状のキッチンの写真を持っていったり、
収納方法や、使い勝手で改善したいところをメモしていったり、
といったご準備があるとよろしいかと思います。

ところで、今回の"洗いかご"の件ですが、最近の"断舎利"ブームで、
洗いかごを使わない奥様が増えていらっしゃるようです。

私などは、まるで逆行で、(^^;)なんと、
このような3段の洗いかごを愛用しているくらいですが、



リフォームをきっかけに、思い切って、
洗いかごの使い方を考えてみるのも
良いかもしれませんね。

私はまだまだ"3段洗いかご"から卒業できそうに
ありませんが、いろいろと便利なものが
あるので、ひとまず3段から1段に昇格?
できるようがんばりたいと思います。

"インテリア&リフォーム情報サイトiemo"さんの記事↓
『人気の水切りかご特集』


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/922-b7499e06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック