和室の床がフワフワに…

ここでは、「和室の床がフワフワに…」 に関する記事を紹介しています。
先日、和室の床が傷んでフワフワになっている、
とのことで、お客様宅に下見にお伺いしました。

畳の下の合板を一部めくってみると、
湿気のせいか、畳の下の合板は剥離し、
過去のシロアリがおいしいところを食べ尽くしたのか、
根太や大引きがスポンジ状になっていました。

今回の工事では、床組みを全部やり直し、
断熱材を新たに入れた後、傷んだ畳も
新しく取り替えることになりました。

では、実際の工事の様子です。
まず、
【ビフォー】
畳の上全面に、い草マットを敷いていらっしゃいますので、
写真では、床の沈み具合はわからないですね。
HY01

では、手前の部屋から、



まず、手前の部屋より畳をめくり、
畳の下の合板や、根太を撤去していきます。
HY02

奥の部屋も同様に、床組みを撤去していきます。
HY03

奥の部屋は、とくに傷みがひどく、解体してみると
根太だけでなく、大引きもこのような状態でした。
HY04

ここで、二枚上の写真をもう一度よく見ると、
床下に電気の配線がありますね。

そう、過去にシロアリが発生した時に、
床下換気扇を取り付けられたとのこと。
HY05

ところが、ふと気づいてみると、この換気扇、設置されている
方位が逆なのですね。
和室二部屋に対し、二台が南側、一台が南西に取り付けてあったのです。

一般的には、日当たりの良い南側や南東側の空気を床下に取り入れ、
床下の空気の流れをつくりつつ北側、北西側に排出させるため、
床下換気扇は北側、北西側(もしくは水周りの近く)に取り付けるものです。

家の周囲を見ても、わざわざ南側を中心に取り付けてある理由、
条件がとくに見当たらなかったので、今回、通風の経路を見直し、
お客様にご説明の上、北側に移設させていただきました。

また、奥の和室には床下換気口が三方しかなく、
肝心の水周りに面したコーナー部分は通風が見込めない状態でした。
(実際に、材木の傷み具合や土台の変色など、
 他の場所よりも湿気の影響がより多く見受けられました)
そこで、サーキュレーターの設置もご提案させて頂きました。

ちなみに、床下換気扇の効果については、いろいろと
意見が分かれるようですが、私たちは過去に伺ったお客様宅の
様子を見る限り、適切に取り付けてあれば、効果が見込めると
思います。

さて、今回は、束石、プラスチック製の束、大引き、根太を
組み直し、新たに断熱材も敷きこみました。
さらに、壁と床の取り合いのすき間もふさぎましたので、
畳の下の合板の結露防止にもかなり効果が見込めると思います。
HY07


床のフワフワといえば、フローリングの床の場合も発生します。
お客様宅によっては、一年中同じ場所に座椅子を置いていたり、
ラグマットを敷いた上でこたつを毎年使われている場合など、その部分の
床板が黒ずんだり、傷んでフワフワになったりすることがありました。
結露が原因と思われます。

(結露による傷みが原因でなく、床板を支える根太の間隔が
 広すぎる、または根太の寸法が小さい場合、他に、
 床板自体のはく離で板の強度が弱くなってフワフワしている
 場合もありますので、詳しくは業者さんにご相談ください)

結露というと、冬場の窓ガラスが思い浮かびますが、このように
室内の温かい空気(人の呼吸や給湯、石油ファンヒータやストーブから
も発生する水蒸気を多く含んでいます)
と床下の冷えた空気の境目となる床面にも注意が必要ですね。

ちなみに、私は、冬場はお湯で食器を洗うので、
余分な水蒸気を家の外に排出するため、
なるべくレンジフードの換気扇を回しながら食器洗いをしています。
食洗器の乾燥時など、大量の湯気が出てくる時も、
水蒸気の排出にご注意なさるとよろしいかと思います(^^)

では、ここで、アフターの写真を。
HY10


実は、この記事の下書きを書き出したのが、工事初日で、
工事最終日、畳屋さんが新調した畳を搬入して下さったのは、
今回の熊本地震の翌日のことでした。
熊本産のイグサが使われていたことから、畳屋さんともかの地の
地震を心配しておりましたが、あまりの余震続きに、現地の方々の
ご心労はいかばかりかと思います。
ご不自由、不安な日々の中ですが、お身体をお守りなさいますよう、
また、被害に遭われた方のご回復をお祈り申し上げます。



さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ



関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/923-a68e8323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック