ちょっぴり悩ましい!?レンジフードの取替え①

ここでは、「ちょっぴり悩ましい!?レンジフードの取替え①」 に関する記事を紹介しています。
先日、とあるお得意様のところへ下見に伺いました。
こちらのお客様、当初私たちを知って下さったきっかけは、
知る人ぞ知る!?私たちのホームページからでした。

数年前ですが、木製の玄関ドアの建てつけが調子悪く、
いよいよ鍵がかからなくなったとのことでご連絡をいただき、
たまたまその日は現場の帰りにお立ち寄りできたので、
なんとか当日中に解決。

ただ輸入住宅の重厚な木製ドアだったので、思ったより
かなり時間がかかったのですね。私は内心、お客様が夫のことを
どんくさい職人やと思われてへんやろか…(^^;)
と心配だったのですが、かえってご信頼をいただけたようです。

その後、さまざまなリピート工事依頼をちょうだいし、
輸入住宅ならではの建具や設備をこちらも勉強させて
いただきつつ、今回新たなご依頼が(^^)。

で、伺ってみると、ちょっぴり悩ましい!?内容でした。
というのは、こちらのレンジフードの取替えをご希望なのですが…
そのままフードを入れ替えるのには少し問題があるのですね。
KF00

というのは、



レンジフードに限らず、このように左右からぴったり挟まれた状態の
機器、箱モノを入れ替える時、仮に横幅が60cmのものを取り外して、
同じ60cmの横幅のものが元通りにはめ込めるか、というと
絶対うまくいくとは言い切れないのです。

外すのだけなら、ゆがめたり、一部壊したりしてできるのですが、
新しく入れるものは傷つけたり、無理な力を加えるわけにはいきませんよね。

もう一度写真をよく見てみましょう。
レンジフードの右側に木製の化粧板がはさまれています。
「これを外せば、すきまができるから大丈夫♪」

…いえいえ、下の写真の①を見てください。
この板、フードの上の幕板と吊戸棚にもはさまれています。
ということは、上の木製の幕板もはずさないと、
右の化粧板をはずせません。
さらに、新しいフードをいれた後、この化粧板が
もしも厚み上元に戻せなかったら…
(こんな中途半端なところへコーキングするとか…!?)
(しかも、この化粧板、吊戸棚の扉の開閉時のスペーサーとして
 はずせないのでは?という可能性も(^^;)…これは現場を再確認の予定)
KF01

ここで、上の写真の②にも注目。
写真をクリックして拡大するとわかりますが、
この、吊戸棚の左横の化粧板は、なんと、
タイルに埋まっています。

…ということは…(^^;)

このキッチン、吊戸棚とレンジフードを取り付けてから、
タイルを後貼りしてあるのですね。
この場合、左から順に吊戸棚、フードを取り付けていったのか、
右側からいったのかわかりませんが、要するに、壁と左端の化粧板の
間にも"遊び部分"はない(…どころか、埋まっている)ということです。

もし、今の60cmのフードから75cmのものに取り替えようとした時、
右の①の方の化粧板をはずせば75cmのフードは入りますが、
左の②の方の化粧板の側面が丸見えになります。
(側面は木目になっているのか?なっていないのか?)

一方、この化粧板をはずそうとすると、
タイルを貼っていない部分が見える上、段差となって出てきてしまいます。
今から同じ色柄のタイルは入手不可能です。

という前に、防火上は、化粧板をこの位置に残しておくわけにはいかない…
(吊戸棚自体もこの高さからいうと、すでに問題なのですが※不燃仕様ならOK

防火上のことと、今後、システムキッチンの取替えの時にも
レンジフードが再利用できるよう、新しいものは
間口は75cmのものでおすすめしようと思いますが、
ここで、実は、次なる課題があるのです。

長くなりましたので、つづきは次の記事でお伝えします(^^;)


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/924-26b4d7c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック