ちょっぴり悩ましい!?レンジフードの取替え③

ここでは、「ちょっぴり悩ましい!?レンジフードの取替え③」 に関する記事を紹介しています。
以前に、レンジフードの取替えの件で、検討段階の記事をアップしておりました。
 『ちょっぴり悩ましい!?レンジフードの取替え①』
 『ちょっぴり悩ましい!?レンジフードの取替え②』

上の記事で触れたような、いろいろな検討ポイントがありましたが、
最終的にはタカラスタンダード社のホーロー製レンジフード、
VRAHシリーズに決まり、先日、無事工事が完了いたしました。

【ビフォー】
KF00


まずは、左の壁際の吊戸棚とレンジフード、フードの上幕板を撤去。
下見の時に想定していたとおり、吊戸棚で隠れていた部分は
タイルが貼られていませんでした。
KF03

さて、ここで、上の記事以外に、もうひとつ、こちらのキッチンならではの
ポイントがありまして、それは、吊戸棚の奥行が一般の吊戸棚より
浅め、ということでした。

輸入住宅ならでは!?の、ロングタイプ(90cm)の吊戸棚が取り付けられており、
キッチンに立った時に、お顔の前の高さになるせいか、奥行が抑えられているのです。
そこで、レンジフードの前幕板と吊戸棚の扉面との間にすきまができてしまうので、
ふさぐための"横幕板"を取り付けました。

この横幕板は、レンジフードの横に壁が来ない場合に、レンジフードの側面を
カバーするためのものですが、今回のような場合も使えます(^^)
KF04

あとは、プロペラファン用の開口部に、シロッコファンのダクトを取り付けるための、
ステンレス製のアタッチメントを取りつけ、本体からダクトが接続できるようにします。
今回のフードは、元のタイプと違い、底面が水平なフードだったため、取付高さも上げました。
そして、タイルが貼られていない部分に、同系色のキッチンパネルを貼って完成です!
KF01

…といいたいところですが、ここでまたまた手を加えなくてはいけないポイントが、
上の方にありました(^^;)
KE02

つまり、レンジフードの幕板が、上記のように、吊戸棚表面より前に出ている、
ということは、上端には大きな隙間が空いている、ということになります。

そこで、写真では見えませんが、天井際にぐるりと回してある、キッチン吊戸棚の幕板
の下に隙間をふさぐ部材をとりつけ、ほこりが幕板の内側に入らないようにしました。

さて、今回のレンジフード、タカラスタンダード社のVRAHシリーズですが、
本体と、その底部、整流板がホーロー製でお手入れが楽そうなのもよいですが、
(写真は、整流板を下げたところ)
KF07

フィルターもホーロー製の上に、コンパクトで洗いやすそう♪
(フィルターは2枚あります)
KF06

そして、LED照明が手前についていて、コンロの上が明るい!
KF05

いろいろと使い勝手がよさそうなレンジフードで、
これならお客様の今までのお悩みも解決できそうです(^^)
また、忘れたころに使い心地をお尋ねしてみようと思います♪


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/942-8ccef8ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック