エコジョーズの意外な!?メリット

ここでは、「エコジョーズの意外な!?メリット」 に関する記事を紹介しています。
先日、ガス給湯器の取り換え工事をさせて頂きました。

【ビフォー】
KK05

元の給湯器、"壁掛け型"の給湯器を、専用の架台に載せて
床(地面…ブロック)に置いて設置されてます。
(このタイプと別に、"床置き型"の給湯器があります)

わざわざ床置きで設置したワケは、もしかしたら、この給湯器が
給湯だけでなく、暖房機能をもった熱源器で、重量が普通の
給湯器よりかなり重いからかもしれません。

それにしても、通路の中にキチキチに設置してあり、
このように、


作業をしようとしても、

(ええっと…)
KK04

(う~ん…)
KK03

(よっこらしょ…)
KK01

ちょっと大変ですね。
これだと、前を通りにくいのはもとより、
給湯器のメンテナンスの時も困りそう(^_^;)

そこで、今回は、暖房機能を使わなくなったこともあり、
一般的な追い焚き付給湯器への取替えとなったため、
壁掛けでの設置をご提案。

お客様が、今まで床置き式だったので、壁に掛けることで、
メリットやデメリットはどうなのかとお尋ねになりました。

壁掛け式の方が、どちらかといえば一般的で、
コストが少しだけお安い…のはともかく、
壁に掛けることで、雨の時の地面の泥はね、
周りの植物の影響を受けにくいこと、
吸気の面では、地面近くよりは、高い位置の方が
空気の通りがよく望ましいことをお伝えしました。
(今回のは壁掛け型を架台に載せているので、
 地面からはもともと離れていますが(^^;))

しかし、何より、今回のように、設置スペースが狭い場合は、
メンテナンスのスペースの確保が大事だと思います。

その上で、お客様は、壁に掛けた後の振動や音を
ご心配されていました。
というのも、一般的には、給湯器は浴室や洗面所、
キッチンの裏などに設置されていることが多いのですが、
こちらはリビングの隅に面した外壁だったのです。

給湯器は一階に設置され、浴室が二階、といった場合には
こうした位置に取り付けられることがありますね。

今回は、念のため、防振ゴムもセットしつつ、給湯器を取り付けました。
KK02

(作業スペースもしっかりとれ、通路も広くなりました。
 これならメンテナンスもラクラク♪)

作動音や振動などをお客様にチェックして頂くと、
「大丈夫、前よりも静かだわ…」というご感想でした。

取替え前の給湯(暖房)が、故障がちだったために、
かえって音が大きかったのかもしれませんが、
今回は本当に静かになったとのこと。

そういえば、最近主流の"省エネ型ガス給湯器"エコジョーズですが、
施工している私たちもびっくりの、本体から出る排気の温度の低さ、
作動音の小ささです。

もともとは、お湯を沸かす時の熱を再利用する、省エネの構造が
工夫されたものですが、音まで小さくなっているというのは
素晴らしいですね。

こちらは、日本ガス協会さんのサイトに載ってた、
エコジョーズのイメージのイラストを引用させて頂いた物です。
従来の給湯器との違いは一目瞭然。
詳しくは、日本ガス協会さんのサイトを、ぜひご参照ください。

【従来の給湯器】
ekojoese2

【エコジョーズ】
ekojoese1


『高効率ガス給湯器エコジョーズのしくみ』 (日本ガス協会さんのサイトです)


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/945-dd39fa88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック