携帯電話とメモ帳を一体にしたワケは…

ここでは、「携帯電話とメモ帳を一体にしたワケは…」 に関する記事を紹介しています。
携帯電話、みなさまは普段どのように"携帯"なさっているでしょうか?

ビジネスマンならスーツのポケット?鞄の中?
職人さんだと作業着のポケットだと前かがみになる時、
落としてしまいそうなので、ベルトのホルダーにつけていたり
作業している傍に置いていたりが多いのでしょうか…

私は以前は、裏面に強力なクリップがついたホルダーにセットし、
ジーンズのポケットにそのクリップで留めていました。
(ベルトはしない日があるし、トイレのたびにベルトを緩めるので(^^;))

しかし、iPhoneを使うようになってからは、もっぱら手帳型のホルダーを
使い、ストラップを使って首から下げています。
携帯電話に人間が携帯されているみたい!?とからかわれそうな姿では
ありますが、現場でもどこでもすぐに呼び出し音に気づき、対応できるので、
とても便利です。
「電話にすぐでてくれる」とお褒めの言葉をいただいたことも(^^)

そして、最近、この手帳型に本当の手帳(メモ帳)のついたものを見つけました。
こちらです♪
MT01

ご覧のとおり、中にミニミニシステム手帳のようなものが
セットされているのです。

「写真はどうやって撮るの?」


実は、このように、電話本体は、プラスチックのプレートに
強粘着マットで固定するようになっており、カバーを折り返せば
レンズ部分がケースから露出できて写真が撮れるのです。
MT02
(粘着力が弱まった時のために、予備も販売されています)

そもそも、携帯電話にだってメモやカレンダーのアプリが
あるじゃない…というところですが、私が今回このメモ帳付を選んだ
最大の理由は、「電話を触るたびにToDoリストが目に入る」
ということなのですね。


いくらアプリに「ToDoリスト」つまり、やることリストを入力したところで、
アプリを開くこと自体を忘れたり、面倒に思ってしまうと意味がないのですね。
それで、今までは手の甲に書いたり、ToDoを書いた付箋をiPhoneの
手帳型ケースの内側に貼ったりしていたのですが、とっても不便だったのです。

今回、一週間以上使ってみて、とても快適なので、ご紹介させて頂きました。
カレンダーはアプリの方で細かく使いこなしておりますので、
私はこのメモ帳は、ToDoリストに専念しています。
(嫌でも目に入るので、用件が溜まってくると焦りが…(^^;))

とはいえ、二枚目以降は普通のメモ帳として、電話をしていないときでも
すぐ取り出せますし、私は使っていませんが、簡易なカレンダーも
ついているのでいろいろ活用できると思います。

他にも、"iPhone ケース 手帳型 メモ帳" などとネット検索してみると、
いろいろな種類があるのですが、リフィルが入手しやすそうな
こちらのタイプにしました。

ちなみに、電話で会話するときには、持ち方に慣れないと
少ししゃべりにくいですし、気づかずに口元が電話から離れると
先方さんが聞き取りにくいということになってしまいます…が、
もともと手帳型を使っていらっしゃったらすぐに慣れると思います。
(下のAmazonのサイト内から、電話をかけている時の
 イメージ写真が見られます。)

あと、私は現在iPhoeの5Sなので、こちらのタイプですが、
(ケースの柄は種類がた~くさんありますよ♪)


iPhone6向けのこちらだと、もう少しサイズが大きくなり、
使い勝手はどうなのでしょうね、気になります。
まだしばらくはiPhone5Sかな…(^^;)



さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ


関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/948-47be0a15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック