大工工事で造り付けの書棚を

ここでは、「大工工事で造り付けの書棚を」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツ
前回のつづきで、マンションのリフォームです。

お客様が、こちらの壁面の梁下に造り付けの書棚を希望されました。
家具工事として、家具専門の業者さんに依頼する方法もありますが、
今回は大工工事で、夫が担当させて頂くことに。
TS01

梁の下に書棚を納め、梁にカーテンレールをつけ、
来客時などは、カーテンを閉めたいとのこと。

デザインや寸法はお任せ頂いたので、コストのこともあり、


造りはシンプルに、(背板も、途中の固定棚もなし)
棚板を支えるスパンを長くしつつ、
本の重みに耐えられるよう、棚板を厚めにしました。
材料は南海プライウッド社の化粧板"アートランバー"、
可動棚用には、ステンレスの棚柱を使っています。

まずは、『台輪』(だいわ)を造ります。
TS02

台輪と仕切り板や側板をつなぎます。
この後、一番下の棚板を、裏から台輪に留めます。
TS03

書棚の天板は、長いものを一枚通しで使い、梁で隠れるので、
真上からビス留め、組み立て後に梁下に設置しました。
TS04

今回は、壁に埋め込まれていた"付け長押し"はそのまま残し、
かぶせるように本棚を取り付けたので、
長押しは本棚の倒れ留めに活用しました。
TS05

最後に、カーテンレールを取り付けて完成。
お客様が『想像していたのより、いい仕上がりだ♪』って
言ってくださったのが嬉しかったです(^^)

私自身、本が大好きで、仕事上もカタログなどをたくさん
保管しなくてはならないのですが、市販の置き家具だと、
幅80cmくらいとなると、真ん中に一段固定棚が入る
ことが多いのですね。

そのせいで、せっかく可動棚がついていても、
上下に中途半端な高さの段ができてしまいます。
造り付けにして、壁に固定してしまえば、
全部を可動棚にすることができるので、
そのような時はおすすめです。

次の記事につづきます。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/953-a9675153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。