一戸建ての全面改装…システムキッチン解体

ここでは、「一戸建ての全面改装…システムキッチン解体」 に関する記事を紹介しています。
前回の記事のつづきです。

バスルームの解体につづいて、システムキッチンの解体です。

まずはビフォー。
KK01

(あっ、もう引き出し抜いてある…)

さて、今回は、とくに間仕切り改装や、水周りの位置変えなどのない、
ベーシックな全面改装ながら、工事のポイントは、キッチンのこの部分です。
以前の記事にも書いていますね)
KZ02

このキッチン、


タイル壁にピッタリとくっついていますね。

一般的には、システムキッチンがこのように壁に挟まれる場合、
機器の寸法プラス、1センチ前後の余裕を見ます。
奥行きのあるモノは、少しはスペースの余裕をみないと、
壁の手前と奥で、多少寸法に誤差があったときに、
つっかえてしまったり、入らないことがあるからです。

つまり、2m40cm幅のキッチンを置きたいときは、
2m40cmに1cm前後の寸法を足して、壁を作るのです。
(2cm以上空いてしまうと、コーキング代が太くなり過ぎて困る場合も(^^;))

ただ、この時に、現場サイドで打ち合わせがうまくいっていないと、
壁の仕上げ材(タイルとかパネルですね)の厚み分を
忘れられてしまう場合が。

例えば、下地の段階で2m41cmのスペースを確保しておいたはずが、
その上にタイルやキッチンパネルが貼られ、
それら材料の厚みだけでなく、接着剤の厚みが足されることになり、
結局2m40cmカツカツのスペースになってしまったり、
下手すると、スペースが足らずに、システムキッチンが
入らなくなってしまうのですね(^^;)

試しにこちらのシステムキッチン、
反対側から見てみると、カウンターに
枠の方が被っている形になっていますね。
KZ03

この現場の場合は、このような納まりになっていても、
キッチンのキャビネットが開き扉なので、開け閉めには影響はありませんでした。
しかし、足元が引き出しタイプのキッチンだと、このような枠が
引き出しと干渉しないか注意が必要です。

下見の時点で、この問題に気づいたので、
当初は、システムキッチンのカウンターを、
規格サイズより数センチ小さくオーダーしようと思ったのですが、
キッチンのグレード、仕様によっては、キャビネットを同様の
ぴったりサイズにオーダーできない場合があり、10cm~15cmも
デッドスペースができてしまうことがあります。

そこで、今回は、お客様とご相談の結果、
この枠を部分的にカットさせていただくことになりました。
幸い、他に塗装工事もあるので、日程を合わせれば、
補修の塗装も問題なくできます。

ということで、解体開始です。
まずは、吊り戸棚やキャビネットの扉をはずし、
順番に撤去していきます。

システムキッチンをすべて撤去してみると…
う~ん、タイルを後から差し込んで貼ったの?
というくらいピッタリと周りだけ貼られていますね(^^;)
KK03
KK02

タイルの上に新しくキッチンパネルを貼ったのでは、
今度のシステムキッチンがはいらなくなってしまうので、
既存のタイルは撤去しました。
KK04

キッチンの解体と同時に、電気工事も並行していきます。
キッチンの足元に、プロパンガス用のガス漏れ検知器があり、
コンセントがそばになかったので、新設します。

他にも、キッチンの正面にもコンセントを作ったり、
元の家主さんからキッチン家電の同時使用でブレーカーが落ちるとの
情報がおありだったので、キッチンへの専用回路も増やしました。
KK05
(ちなみに、電気工事で、壁や天井に丸い穴を
 たくさん開けている理由はこちらの記事をご参照)
KK06

そして、今回のポイント、腰壁の枠材を1cm弱、
カットしてみたのですが、下地のコンパネの具合で
うまくパネルの貼り代が確保できず…
KK08

コンパネを一旦剥がし、厚みを抑えたベニヤに
張り替えることに(^^)
KK07

あとは、キッチンパネルを貼り、下地は完成。
発注済みのシステムキッチンの到着を待つばかりです♪
KK09

補修の塗装も、熟練の塗装職人さんに、
違和感なく仕上げてもらい完璧です(^^)/
KK10

次の記事は、その、塗装工事についてです。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/963-348f9f5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック