既存の化粧台を"かさ上げ"して使いやすく♪

ここでは、「既存の化粧台を"かさ上げ"して使いやすく♪」 に関する記事を紹介しています。
先日、お客様からご相談をいただきました。

「去年、病気をしてから、顔を洗う時に
 化粧台が低くて…」

背中を痛められたそうで、前かがみになられるのは、
確かに…という以前に、もともと化粧台が少し低めなご様子。

そこで、いろいろとご相談の結果、
化粧台のミラー部分はそのまま、下のキャビネットのみいったんはずし、
その下に台を作って、高さを上げさせていただくことになりました。

まずは、ビフォーです。
NK01


本来は、ミラーキャビネットごと、かさ上げをするとよいのですが、
上に棚板を渡してあり、このまま使えないかな(^^;)…とのこと。

そこで、まずは、フロアキャビネットを取り外し、
材木をこのようにして…
NK02

簡単な台を作ります。
NK03

「えいっ」と、フロアキャビネットを載せて、
お客様に、洗顔のジェスチャーをしていただき、
高さをご確認いただきます。
一回目は少し高かったので、
ちょっぴり台の高さを下げて、もう一度。
NK04

今度は、OKでしたので、いよいよ実際のかさ上げです。
(同時に傷んでいたフローリングも貼り替え)
厚みのある、白い化粧板で箱を作り、足元に。

ミラーキャビネットの左下に出っ張っている"石けん置き"部分と
フロアキャビネットが干渉するので、フロアキャビネット前だけ、
壁を"ふかし"ます。
NK05

ふかした壁にはキッチンパネルを貼り、
キャビネットとの間にはコーキング。
NK07

洗濯機の防震台も取り替え、
足元がぱっとリフレッシュしました♪
NK08

当初は、化粧台を買い替える覚悟で、
ショールームにも足を運ぼうとなさったお客様、
しかし、愛着のある化粧台が、再利用できるならと
今回の納め方をご快諾いただきました。

愛着といえば、こちらのお客様のお家には、
以前のリフォーム時に、いろいろなアイデアが。
(私たちと出会われる前のリフォームでしたが(^^;))

お客様の外国土産の『猫型のタイル!?』が
漆喰壁に埋め込まれていたり、
NI01

NI02

NI03

階段の踊り場の壁の、ところどころあしらわれたニッチの棚に、
ミニチュアの家具を置かれ、それぞれが
小さなお部屋のように見えたり…
ひとつひとつ、お客様の思い出が詰まったものです。

今回のプチリフォームでは、
「古い化粧台なんだけどね…なんか、
愛着があって、捨てられないの。
こうやって綺麗にしてもらうと、新品になったみたい♪」
と、何よりのお言葉をいただきました(^^)

ちなみに…こちらは、置物でなく、
ほんものですよ♪
お客様の愛猫、リオくんとカリンちゃんでした(^^)
NI04


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ



関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/979-dceb8524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック