木製の玄関ドアを塗り替え

ここでは、「木製の玄関ドアを塗り替え」 に関する記事を紹介しています。
前回の記事のつづきです。

賃貸物件のプチリフォーム、玄関ドアの塗り替えです。
自分でできないかな〜と思ってしまいそうな部分ですが、
これが見た目と違って⁉︎大変なところ。

室内で、日差しや雨風、寒暖の差に
さらされない場所ならともかく、
屋外の木部の塗装は、下地処理を
きっちりしておかないと、めくれたり、
ふくれたり、塗膜のもちが悪くなったり
してしまいます。

【ビフォー】
AR03

今回は、

今後のメンテナンスがしやすいように、
しっかりと塗膜ができるタイプでなく、
木目が透けて見える、浸透性の自然塗料を使わせて
いただくことをご提案しました。

塗膜を造らない浸透性の塗料なら、
塗り替えの時、汚れを落とし、表面を整えるだけで、
上から塗り重ねられるタイプのものがあります。

今回のドアは、ニスでしっかり塗膜が残っているところと、
ニスがはげて下地がむき出しになった上に、表面が
カビで黒ずんでいるところがありました。

そこで、現在の塗膜をていねいに落とし、
木製ドアの本来の木の表面を出してから、
塗装します。

『塗り替え』とはいうものの、元の塗膜をいかに
綺麗に落とすかが仕事…というような感じで、
電動や手動のヤスリを、凹凸に合わせて数種類使い分け、
時には塗膜の剥離剤を併用しつつ、塗膜を落とします。

こちらのドアも、凹凸が多く、塗膜落としに時間を要しましたが、
無事、塗り替えが完了すると、その出来栄えにはグッと達成感が♪

今後は、DIYのお得意なオーナーさんご自身でも
メンテナンスいただけるかと思います(^^)

【アフター】
AR04

昔は木製のドアが多かったようですが、
今では、ドアを無垢の木で造ると、とっても高価…(^^;)、
メンテナンスをしっかりして、木製ドアならではの
重厚感を楽しみたいものですね。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ


関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/985-31979e35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック