電気・水道・ガス工事

ここでは、「電気・水道・ガス工事」 に関する記事を紹介しています。

去年の夏に、字が書きにくい、納豆のカラシの袋が開けられない
といった自覚症状から、"母指CM関節症"との診断を受けたという
話を書きました。
『字が下手になり、やたらコップを落とすその原因が…』ご参照

それ以降、包丁で大根を切るのにも手が痛いとか、
物をつかむときに痛いということで、ふと思いつき、
洗面化粧台の丸みのあるハンドル部分を、
握りやすい形のものに取り替えることを思いつきました。

そこで、夫の出番です。

ビフォーはこちら。
(あえて、掃除前の汚れたままの画像を…
 少々洗いにくい形状なのがわかって頂けますでしょうか)
JP02

この水、お湯のハンドルをエイッと取り、
(といっても、ビス留めですので、ちゃんと説明書を見ながら
 手順に従ってはずします…(^^))

続きを読む ブログパーツ
今日は3連休開け、という方が多いと思いますが、
私たちは、先週はしっかりと工事の日々でした(^^)

とある学校さんが、中古の戸建てを購入され、
クラブの生徒さんたちの合宿に使われるとのことで、
内装と設備を中心に工事させていただきました。

中でも、エアコンが各部屋に必要ということでしたが、
工事前はこのような感じ。
SA02

…ちょっと、問題ですね。
続きを読む ブログパーツ
先日、夜7時を過ぎたころだったでしょうか、お客様から、お電話がありました。

「仕事から帰ったら、水道の検針の方からのメモがあって、
 使用量が前回の倍になっているので、水漏れが疑われると… 
 で、キッチンの床下収納から床下を見ると、水浸しになってて。」

こういう時は、まずは、水漏れの場所がどこかを突き止めなくてはなりません。

現場に着いた夫は、お客様に状況をお聞きし、キッチンの床下の状況を見てから、
駐車場にあるメーターボックスを確認。
すると、止水栓は普段通り開いた状態で、
誰も水を使っていないのにメーターが回っていました。

そこで、次に、夫は電気温水器への給水用の止水栓を閉じてみました。
すると、先ほどのメーターも止まりました。
…ということは、漏れているのは、給水管ではなく、給湯管の方だということが判明。

給湯管の経路を調べるため、洗面所の床下ものぞいたり、
そこから見える配管を頼りに、外壁近くの地面を掘ったりして、
次のようなルートで配管されているという当たりをつけました。
(お客様にご説明するためにイラストにしたもので、
 点線のところは、隠ぺいされていて目視できない、仮定の経路)
HK01


ここで、夫の立てた"作戦"(^^;)は、
続きを読む ブログパーツ
今週は、マンションリフォームの現場をレポートさせて頂いています。
今日は、電気&アンテナ配線のために開けた壁の穴に
フタをしていく作業をしました。
N2303

床の上に積まれた、丸いボードの切れ端を見ていると、
なんだかパンケーキを連想してしまう私。

"パンケーキ"が足りなくなって、増産中…(^^;)
N2306

昨日は、こんな状態でしたが、
続きを読む ブログパーツ
さて、今日も、マンションのリフォームは電気工事のつづきです。

昨日より、さらに壁への開口が増え…
N2205

そう、今日も夫の「電気」の師匠が、応援に来てくれたのです。
作業はどんどん進んでいきます。
N2201
(上は、玄関ホールの天井に人感センサーの配線を入れているところ)

ところで、リフォーム工事の見積もりをしていると、
電気工事のウェイトが高くなることがあります。
ちょっとそのワケを探っていきたいと思います。

電気工事のコストがかかる理由。
私が考えたのが大きく5つなのですが、
まず、
続きを読む ブログパーツ